天文台マダム日記
HOME更新状況三鷹編野辺山編マダム編謝辞

 マダム編天文台マダム日記番外編野辺山日記番外編調布飛行場の友 1 2 3特ネタ☆天文ニュースフォント・ベルト仙台牛タン食べある記星のブランド大好き!食べる天文学!トルコが好きッ!

マダム編

ネタ☆天文ニュース

2015年4月1日
 

天文業界に激震!?

某教育機関が「天文台マダム」の量産を発表




 天文台マダムが量産されることが明らかになった。

 事の発端は、今年1月に行われた星空案内人認定証授与式において、主催者からマダム本人に「星空案内人認定証」を手渡す場面が、なぜか「天文台マダム認定証」の授与として報道されたことによる。

 これにより主催団体である某教育機関は「天文台マダム養成講座」の開講を余儀なくされ、講座修了生には「天文台 準 マダム」の認定証を授与することが決まった。制度の発足により1〜2年後には巷に「量産型天文台マダム」があふれる見通しとなった。

 なお、旧型と区別するため、量産型マダムのことをマダムII(ツー)と呼ぶ事もある。量産型のマダムは緑色で、敵役のマダムは赤い。
 

 「天文台マダム養成講座」を主催する教育機関は「成り行き任せで引くに引けなくなった」「本当にやるかどうかはわからない」などとコメントしており、主催団体が何らかの企てに巻き込まれた陰謀説とともに、講座そのものがネタである可能性も示唆されている。

 一方でこの主催団体について「表向きは教育機関であるが、実態は天文台関係者や教育関係者、政界、大手特殊機材メーカーなど錚々たるメンバーが結集した秘密結社である」との指摘もなされており、詳しい情報は一切明らかにされていない。謎は深まるばかりだ。

 

 量産型マダム養成後の将来展望としては、星空案内人を兼ねたマダム群 = 案内型マダムII、スキューバダイビングのCカード取得をセットにした水陸両用のマダム・マリンタイプ、家事専用の作業用マダムII、とてつもない性能を備えた高機動型マダムIIといったマダムシリーズのバリエーション群の養成も計画されている。すでに玩具メーカーのタイアップ企画として、1/14フィギュアを開発したいという申し出があったが、マダムが「痩せるまで待って欲しい」と返答したため、永久に実現できない見通しとなっている。

 

 また、天文台マダムは過去に科学館のステージ出演の際に「次は天文台マダムさんです」と紹介されるところを、冒頭で司会のマイクボリュームが下がっていたため「てん」の部分が聞き取れず、「もんだいマダムさんです!」と紹介された経験があるという。

「問題マダムではありません。てんもんだいマダムです。」と、切るところを間違えて、世の中に「問題マダム」が量産されることのないよう注意を呼びかけている。

 

 こうした一連のニュースに対し、一部の独身研究者からは「仕事に理解のある奥さんは望ましい」と量産型天文台マダムを歓迎する声があがる一方で、「嘘から出た誠?」「オソロシイ時代の幕開けか?」といった天文愛好家のコメントも寄せられており、関係者を悩ませている。



(ライター:問題マダム)

 2015年4月1日

 


 ホームへもどる このページのトップへ戻る